薬剤師国家試験の受験勉強で予備校の欠点と理想的な個別指導の内容

Pocket



下記 ↓ の前編の記事では、薬剤師国家試験に向けて予備
校に通学する時にどんな現状に一般的にはなっていて、

受験生としては国試に合格する為にどんな点に注意すべき
で、どのような姿勢が大切になるのか?を記載しました。

この記事では引き続き、予備校を展開している業者の弱点
と言える部分を細かくお伝えしながら

当サイト「やくがくま」が受験勉強の過程で目指す役割や、
そして最終的に受験生である読者の皆さんに

成長することで到達してほしい境地等について詳しくまと
めて語っておきます。

Sponsored Link



 薬剤師国家試験の受験対策で個別指導をする場合の最強のスペックとは?

前編の記事では、薬剤師国家試験の受験対策で個別指導を
行なっている業者さんが中には一部でいるけれども、

でも現実はあまりイメージ通りにはいかないよというお話
をちょっと前振り的にしました。

後編のこの記事では、その続きから始めていきます。当サ
イトの編集部の担当者でも、

所謂、家庭教師的な個人指導を大学受験や専門学校の受験
等の色々な分野で

長く経験してきた人材がいますが、それでも教師が1人で
受験生に対して受験勉強の全体を

広くカバーするのは時間や労力、スキル等の面で容易では
ありません。ご参考までに、せっかくの機会なので、

薬剤師国家試験の個人指導ではどんなスペックの先生が理
想的で最強なのか?をここでちょっと書いておきます。

生徒さん各位の状況やニーズ、リクエスト等に合せて、体系性を
もたせて適切な方法論(ノウハウ)を提供して、担当教科の内容

の指導と受験勉強の全体のペースメイキングを含めて、残り時間
で合格基準点を超えられる得点力の状態になれるよう導ける教師

という感じになります。こういう内容を実現させられるこ
とが個別指導の最大の強み(優位性)では

ありますが、でも、それを1人で完全に体現できる人と巡り
会うことは一般に至難です。

薬剤師国家試験 受験対策 教育サイト やくがくま 受験生 受験勉強 薬学生 予備校 通学 通う 利用 時 際 注意点 ポイント 危険生 致命的 重大 大切 重要 必要 説明 記事 プロデューサー 役割

   

 薬剤師国家試験で予備校の業者が将来的に目指している方向性はどんな?

これは余談ですが、例えば予備校の講師の先生方について
は、各社で今後は各科目の内容を深く教えられるように

専門的なスペシャリストになる、専門特化の方向で育成し
ていく方針であるケースが巷では多い
です。

即ち、一斉授業を受け持っていて各科目の内容はしっかり
と教えられるようになってはいきますが、

受験生毎にオーダーメイド的なキメ細かい対応は現実問題
として難しい
のです。

そして、ま、完璧な個人指導をできるような教師は、予備
校にもいないです。

それは長い年月をかけて膨大な量の経験や、全教科につい
ての勉強等を経て、真摯に研鑽をしながら

最強の状態に近づいていけることになるからです。当然で
すが、一朝一夕には誰にもとてもできないことです。

そして、その役割を適任である講師の方に委託するにして
も、今度はコストの面で

生徒さん側の負担がとても大きくなり、理想の個別指導が
実現する可能性は、実際にはあまり望めません。

薬剤師国家試験 受験対策 教育サイト やくがくま 受験生 受験勉強 薬学生 予備校 通学 通う 利用 時 際 注意点 ポイント 危険生 致命的 重大 大切 重要 必要 説明 記事 プロデューサー 役割 家庭教師 個別 個人指導 メリット デメリット

ちょっとネタバレ的に予備校業界の内情をバラしてしまう
と、個別指導は一般に集団の授業と

比べて単位時間当たりの収益性が低くなります。需要は確
かに大学受験等でもあって、

寧ろ高校受験や大学受験等では一斉授業よりも個人指導の
塾の方が流行っている状況が一部ではあるくらいです。

でも、薬剤師国家試験の受験対策というジャンル(カテゴ
リー)で個別指導を会社として

どのように事業化して軌道に乗せていけるのか?と考慮し
てみると、そこには需要と供給のバランスや、

講師としてスペック的に合格となれる人材をどうやって独
自に育成していくのか?等の

様々な解決すべき課題が山積されていて、だからまだあま
り広くは見かけないような情勢なのですね。

   

 国家試験の受験勉強で当サイトが担う役割と受験生に期待したい姿勢は?

という訳で、

予備校に通う場合の重大な注意点は、各科目で得点力の
状態を客観的に観ながら時間と労力等の面で

勉強のやり方を適宜、調整していく姿勢を常に忘れない
で授業や実力テスト、模試等に臨んでほしい

ということです。

例えば、一般に薬学生の皆さんが予備校に結構フルの本科
生(内部生?呼称はよく知りませんがw)

として通う場合には、年間で80万円前後の授業料を支払っ
て国家試験で受験する科目について全部、授業や

小テスト(確認テスト?)、模試等を受けていきますよね。
で、特にテスト系のイベントを受け続けていって

その中で7割を明らかに切っちゃってて、そして他の科目
よりも苦手で点数が悪いと判断できるような

科目や分野等があったりすると、その都度、基本知識の確
認や演習の量を増やして、各自で治療をしていく

感じになります。で、例えば、多くの人がどうしても勉強
のやり方がよく分からない実務関係の科目等では

講師の先生に方法論(ノウハウ)について質問して相談し
てみて… みたいな流れになっています。

それは大局で勿論、間違ってはいないのですが、その受験
勉強を進めていく過程で、受験生と、予備校の各科目の

先生方との間に位置して、状況やニーズ等を踏まえて客観
的に適切な指示を出して、ペースメイキングを含めて

受験勉強の全体を支援してプロデュースしてくれるような
存在がもし仮にいてくれたりすると、

短期間で遥かに効率良く薬剤師国家試験は(理論上)合格
し易くなれます

因みに、多くの薬学生が困っている実務関連の科目につい
ては下記 ↓ のような方法で乗り超えて下さい。

薬剤師国家試験 受験対策 教育サイト やくがくま 受験生 受験勉強 薬学生 予備校 通学 通う 利用 時 際 注意点 ポイント 危険生 致命的 重大 大切 重要 必要 説明 記事 プロデューサー 役割 視点 知識 経験 スキル

ですがしかし、その総合プロデューサーの部分をガチで請
け負ってくれるような存在を求めることは

職種やコスト、巡り会せ等の面で一般にはほぼ不可能な事
情があるのです。

従って、当サイトでは受験生と予備校の間に存在してくれ
ると有り難い受験勉強の総合プロデューサー

目指してコンテンツを作成してきた経緯がありますし、そ
の記事の内容等を活用することで、受験生である

薬学生の皆さんには、当サイトで供与しているノウハウを
利用してご自身の力で受験勉強の総合プロデューサーの

役割をできるようになっていって、それで最終的には皆さ
んの全員に合格の桜を咲かせてほしい… と願っています。

薬剤師国家試験 受験対策 教育サイト やくがくま 受験生 受験勉強 薬学生 予備校 通学 通う 利用 時 際 注意点 ポイント 危険生 致命的 重大 大切 重要 必要 説明 記事 プロデューサー 担当者 総合 自立 主体性 学生 生徒 自身

それから、受験勉強を進めていく中では慣れていなかった
りして分からなくて、途中で色んな問題が起きてくる

可能性があります。そんな時にも、当サイトは、皆さんを
独りにして放置するようなことは決してしません。

できる範囲で、一般的な方法論の配信だけではなくて、薬
学生さんの個別の事情に沿ってアドバイス等の協力を

させて頂きますので、いつでもお気軽に編集部の担当者達
へご相談をされてほしいです。

皆さんからのお便りを楽しみにして、お待ちしております。

Sponsored Link






9件のコメント

  • 拓郎

    今までは予備校の授業の予習と復習だけしてただついていってる感じで、自分に合った勉強法を考える機会がなかなかなかったです

    そのせいか、模試の成績が伸びなくて悩んでて…

    良いヒントをもらえたと思います

    アリガトウございました^^

    • コメント有り難うございます

      受験勉強をしていてやり方の部分で何か困ることがあったら

      いつでもお気軽にご相談下さい

      頑張って下さいね

  • まなぶ

    確かに、予備校の授業を受けてついていってるだけで自然に合格ラインを越えられれば問題はないけど、それができない受験生って実は多いんですよね

    そこの部分を補える個別のサポートがもしあれば、、とは感じたことがあります

    • 例えば、高校受験でも大学受験でもなくて、業務独占型の国家資格を取得するための試験で、

      どこまでの範囲を第三者が外部からサポートすべきか?は、一般に誰もが考慮すべきことですね

      自立した大人として、かなりの部分までは自身でカバーすべきという見方もできますが、

      そのような個別サポートを理想としてイメージしている面も、当サイトにはあります

      今後も引き続き、職能域(事業ドメイン)をどのようにすべきか?を細かく検討していきます

      読者の皆さんの生の声が、当サイトのコンテンツの内容を成長させる原動力になります

      どんなに些細なことでもかまいません

      率直にご意見を頂けると有り難いです

      今度とも、どうぞよろしくお願いします

  • 麻実

    前に実務科目で悩んでて勉強のやり方について予備校の先生に相談してみたんだけど、「応用的な科目だから、授業を大切にして基礎をちゃんと身につければいい」とか言われただけで、根本的な解決にはならなかったね。笑

    • 一般に、予備校の先生は各科目の内容を深く教えられるように訓練されている

      印象がありますが、その一方で、各科目の勉強のやり方を個別に細かく指導できるか?

      と考えると、人にもよるし、あまり多くを期待はできない現状にあります

      予備校各社は、各科目を教えられる専門性を深めて、スペシャリストを多く養成していく

      流れ(趨勢)になってきています

      ま、例えば大学の先生に相談してみても、国試の勉強のやり方は的確に教えてもらえない

      もので、それはある程度仕方がないことですが、

      何かお困りの際には、遠慮なくいつでもお気軽に当サイトへお声がけ下さいね

  • Saki

    予備校もどこにするのか?すべきか?サービスの内容を事前によく比較して、検討しておくべきと思う

  • ケイコ

    予備校についていけない人も実際にはいるし、それに、このサイトの勉強のやり方を知らない人とかは結局、予備校の授業に必死でついていってそれで225問を超えられるかどうか?って感じになるよね,,
    直前期には、直前講座とちょっと違う内容も自分で勉強するかもだけど (´・_・`)

  • 大輔

    とはいえ、色々と不満や不便さなんかがありつつも、
    「周りのみんなも予備校行くから、自分だけ行かないのはマズイっしょ」って結局はなるんだよな
    ‥マスの心理を利用した、ボロい商売だよな。笑

コメントを残す