長時間型バルビツール酸系催眠薬フェノバルビタールの出題履歴等

Pocket


この記事では、長時間型のバルビツール酸系催眠薬である
フェノバルビタールについて、

  • 出題された国家試験の回数(と時期)
  • 問題番号
  • 出題分野や科目
  • 予想される正答率

等の過去の出題履歴を、問題の解説と一緒に説明していき
ます。

Sponsored Link



 薬剤師国家試験の過去問題の出題履歴をご覧頂く上での注意点

当サイトで主にコンテンツ(記事)の内容として扱ってい
る「薬理学」について、

  • 第90~96回の国家試験では、「医療薬学」という科目に含まれる
    1つの出題分野であり、出題履歴中で「出題分野」と表記している
  • 第97回以降の国家試験では、「薬理学」という独立した科目であ
    り、出題履歴中で「出題科目」と表記している

という事情(区別)があります。ご注意下さい。因みに、
当サイトが

コンテンツ中で扱っている科目や分野等については、↓ の
記事で詳しく説明しています。

ご参照されて下さい。

   

 問154 96回(2011年) フェノバルビタール 出題分野: 薬剤 予想正答率: 80%以上

この設問は「問157 91回(2006年)」と内容が同じで、
文章を少し変えている構成ですので、下記の記事をご覧
下さい。

   

 問224 96回(2011年) フェノバルビタール 出題分野: 実務 予想正答率: 80%以上

フェノバルビタールは通常、1% の希釈散(倍散)として
用いられる薬剤である。○かXか?

   

 問156 98回(2013年) フェノバルビタール 出題科目: 薬理学 予想正答率: 50%以上

プリミドンはGABAトランスアミナーゼというGABAアミノ
基転移酵素を阻害し、フェノバルビタールと併用すること
で相加効果を発揮する。○かXか?

   

 問156 99回(2014年) フェノバルビタール 出題科目: 薬理学 予想正答率: 70%以上

フェノバルビタールは、GABAA受容体とClチャネルの複合
体のピクロトキシン結合部位に作用して、神経細胞内への

Clの流入を活性化(促進)して、神経細胞の細胞膜につい
て過分極を起こす。○かXか?

   

 問155 100回(2015年) フェノバルビタール 出題科目: 薬理学 予想正答率: 60%以上

フェノバルビタールはカイニン酸受容体とNMDA型グルタミ
ン酸受容体に作用する性質を実はもっている。○かXか?

   

 問184 94回(2009年) フェノバルビタール 出題分野: 実務 予想正答率: 40%以上

72歳女性が半年前の交通事故で痙れん発作を起こすように
なり、脳外科から抗てんかん薬としてフェノバルビタール

を処方され、その結果、発作はなくなった。また、事故の
後に血圧が162/84mmHg前後となって本態性高血圧症と

診断され、内科から降圧薬としてニフェジピンを処方され、
今は141/71mmHgくらいに下がって血圧が安定している。

一方で最近、入れ歯の具合いがどうも思わしくなくて歯科
医院で診てもらったところ、歯ぐきの腫れが認められ、

そこで何かの薬の副作用では?とのことでかかりつけ薬局
で相談するように勧められた。

ここで、副作用の原因薬物と考えられるのはフェノバルビ
タールである。○かXか?

薬剤師国家試験 受験対策 教育サイト やくがくま フェノバルビタール バルビツール酸系催眠薬 長時間型 睡眠薬 出題履歴 出題内容 出題分野 類題 過去問

   

 過去問題での出題内容についての正解や解説

  

 問224 96回(2011年)

フェノバルビタールは一般に、10%の希釈散として用いられる
医薬品ですので、答えはXとなります。

ここで、ちょっと用語を補足で説明しておきます。

まず希釈散とは?倍散とは?ですが、調剤室では普通、100mg
程度の重量を量れる天秤を調剤用に使っています。

天秤や計器等が量れる最低の重量を感量(かんりょう)と言い、
100mg 以上の重量を量れる場合には「感量 100mg」とします。

そして、粉末状の薬(散剤)を使って調剤業務をしている過程
であまりに薬品の量が微量で少ない場合には、

そのままだと秤で重さを量れませんので、一定の濃度にする目
的で乳糖やデンプン等を賦形剤(ふけいざい)として添加しま

す。賦形剤を加えることで、調剤用の天秤で薬剤を量り易く、
取り扱いを容易にするのです。

主な医薬品に、賦形剤を加えて量を多くしたモノを希釈散、又
は倍散と言います。

ご参考までに、希釈散として用いられる医薬品の例を、倍散の
濃度別に示しておきます。

0.01%の希釈散
0.1%の希釈散
1%の希釈散
10%の希釈散
ジギトキシン ・レセルピン

・ジゴキシン

・べタメタゾン

・ハロペリドール

・ニトラゼパム

・ジアゼパム

・フェニトイン

・フェノバルビタール

・モルヒネ塩酸塩水和物

・アヘン末

・dl-メチルエフェドリン塩酸塩

・コデインリン酸塩水和物

・ロートエキス

   

 問156 98回(2013年)

この問題については「問125 91回(2006年)」で似た内容が
類題として出題されていますので、下記の記事を見直しておい
て下さい。

上記の記事でも説明していますが、プリミドンは体内でフェノ
バルビタールに変化します。

そして、GABAA受容体とClチャネルの複合体の
バルビツレート結合部に結合することで抗痙れん作用(抗てん

かん作用)を生じます。つまり、プリミドンはGABAA受容体の
機能を増強し、GABAトランスアミナーゼを阻害する訳ではない

のです。また、プリミドンとフェノバルビタールの作用点は同
じですので、併用した場合には相乗効果ではなくて相加効果を

示します。以上によって、答えはXとなります。

   

 問156 99回(2014年)

上記の「フェノバルビタールの国家試験対策での重要ポイント」
の記事でも説明していますが、

フェノバルビタールは、GABAA受容体とClチャネルで構成され
る複合体のピクロトキシン(バルビツレート)結合部位に

結合して作用することでClチャネルを開口させて、神経細胞内
へのClの透過性(流入の程度)を促進します。

それによって細胞膜で過分極が生じ、答えは○となります。

フェノバルビタールは、GABA神経系を活性化することで抗てん
かん作用を発現します。

   

 問155 100回(2015年)

フェノバルビタールはGABAA受容体に作用して、
中枢神経系の働きを抑制することで鎮静・催眠作用を示します。

作用が現れるのは遅くて、そして持続性があり、催眠薬として
は長時間型に分類されます。

そして、実はカイニン酸受容体やNMDA型グルタミン酸受容体に
も作用するとか、そういうことはなくて、答えはXとなります。

(因みに、カイニン酸受容体とNMDA型グルタミン酸受容体等は
当サイトが適当に造った 釣りキーワード でしたw)

薬剤師国家試験 受験対策 教育サイト やくがくま バルビツール酸系催眠薬 長時間型 フェノバルビタール 睡眠薬 釣り ひっかけ キーワード 副作用 相互作用

   

 問184 94回(2009年)

これは実務の分野の問題で、具体的な症例パターンから副作用
の原因である医薬品について推察(推理)する内容で、

慣れていないとけっこう難しく感じるでしょうね。実際の本試
験では5個の薬剤が登場していますが、

この類題では2個だけにして、内容を簡単にしています。副作
用として「歯ぐきの腫れ」を生じる薬品を選べば良く、

抗てんかん薬としてフェノバルビタールを服用した場合に、副
作用として「歯ぐきの腫れ」は報告されていず、

答えはXです。因みに、もし痙れん発作の悪化や血圧が下がら
なくて不安定である等の状態にある場合には、

処方されている薬同士の相互作用を疑わなければならず、2剤
を併用して生じる相互作用については、

検査値(収縮期血圧/拡張期血圧)から判断できます。この症
例の設定では、痙れん発作が治まって、血圧の検査値が下がっ

て安定しているので、特に2薬物の併用によって相互作用が生
じている可能性は無いと判断できるのです。

更に、ニフェジピンはCa2+チャネル遮断薬で、降圧薬として
用いた場合に副作用が「歯ぐきの腫れ」となります。

Sponsored Link






コメントを残す