長時間型バルビツール酸系催眠薬フェノバルビタールの出題例5個

Pocket



長時間型のバルビツール酸系催眠薬フェノバルビタールは結構、
出題履歴が多い医薬品です。

頻出なんですね…。

この記事では5題、過去問の内容を参考にして類題の形でご紹介
します。

Sponsored Link



 長時間型のバルビツール酸系催眠薬フェノバルビタールの類題4問

  

 問155 93回(2008年) フェノバルビタール 出題分野: 薬剤 予想正答率: 80%以上

薬物代謝について、ワルファリンはフェノバルビタールと一緒
に使用することで抗血液凝固作用が増強する。○かXか?

   

 問163 93回(2008年) フェノバルビタール 出題分野: 薬剤 予想正答率: 50%以上

血中薬物濃度モニタリング(TDM)について、フェノバルビタール
は線形薬物動態を示し、TDMを逐次、実施することが必要である。
○かXか?

   

 問163 94回(2009年) フェノバルビタール 出題分野: 薬剤 予想正答率: 50%以上

血中薬物濃度モニタリング(TDM)が必要である
フェノバルビタールについて、

これは主に肝臓で代謝される薬物で、有効血中濃度域は
10~45μg/mlである。○かXか?

   

 問215 95回(2010年) フェノバルビタール 出題分野: 実務 予想正答率: 60%以上

小児や高齢者の薬物治療でフェノバルビタールを使用する場合
に、体重当たりの投与量は一般に小児の方が成人(高齢者)よ
りも多い。○かXか?

   

 問217 95回(2010年) フェノバルビタール 出題分野: 実務 予想正答率: 50%以上

医薬品の相互作用について、フェノバルビタールとワルファリ
ンを併用していて、フェノバルビタールを連続で投与すると

ワルファリンの薬物代謝酵素が阻害されてしまう為に、ワルフ
ァリンの作用が増強する。○かXか?

薬剤師国家試験 受験対策 教育サイト やくがくま バルビツール酸系催眠薬 フェノバルビタール 長時間型 小児 高齢者 子供 使用量 比較 類題 出題履歴 出題内容

   

 過去問の出題例についての正解及び解説

  

 問155 93回(2008年)

フェノバルビタールとワルファリンを併用すると代謝誘導が起
こってしまうので、抗血液凝固作用は減弱(低下)します。

つまり、答えはXとなります。

   

 問163 93回(2008年)

血中薬物濃度モニタリングとは、読んで字のごとくなのですが、
血中での薬物や代謝物等の濃度を測定して

患者さんに対しての薬剤の投与計画を決める為のモニタリング
手法です。

ところでフェノバルビタールは線形薬物動態を示し、線形コン
パートメントモデルを適用できる薬剤です。

そして、フェノバルビタールの体内動態は患者さんによって大
きく異なって個体差があり、その為にTDMが必要となります。

   

 【参考】薬学英語にも、そろっと触れておく

尚、薬学英語は薬剤師国家試験の受験対策ではあまり必要ない
のですが、一応、参考までに書いておきます。

TDM = Therapeutic Drug Monitoring
治療薬物モニタリング、血中薬物濃度モニタリング

薬剤師国家試験 受験対策 教育サイト やくがくま 薬学英語 国試 出題履歴 出題内容 過去問 類題 くま クマ 熊

   

 【参考】TDMが臨床の医療現場で価値をもつ為の3つの条件

  1. 薬剤の血中濃度と、薬理効果や副作用・相互作用の発現等
    との間に相関関係があること
  2. 薬理効果や副作用等を生じる分子種が特定されていること
    (ここでの分子種は、未変化体や代謝された物質等のこと
    です)
  3. 扱う薬物について、信頼できる正確な測定方法があること

   

 問163 94回(2009年)

フェノバルビタールについて、TDMが必要な薬剤であり、主に
肝臓で代謝される点は間違っていないのですが、

有効血中濃度域は10~25μg/mlとされていて、答えはXとなり
ます。

因みに、本試験の問題では、数値が異なっている場合の他に、
単位がさりげなく違っているケース等も散見されます

ご注意下さい。

   

 【参考】フェノバルビタールの主な中毒症状3つ

  1. 鎮静や催眠等の、中枢神経の抑制作用
  2. 呼吸麻痺を重篤に引き起こすこと
  3. 運動失調を来すこと

   

 問215 95回(2010年)

フェノバルビタールについては、下記の記事に書いてあるよう
に、鎮静・催眠薬としてではなくて抗てんかん薬として用いら
れます。

そして、フェノバルビタールは小児の方が、体重当たりのクリ
アランスが成人よりも一般に大きく、消失半減期が短くなるの

です。つまり、体重当たりの投与量は小児の方が成人よりも多
くなって、答えは○となります。

クリアランスや消失半減期などの概念については下の記事で詳
しく説明してあります。併せて参考にされて下さい。

   

 問217 95回(2010年)

上記の「長時間型バルビツール酸系催眠薬2つ」の記事で説明
しているように、

フェノバルビタールは薬物代謝酵素を阻害はせずに、誘導しま
す。ここで、連続の投与によって誘導される薬物代謝酵素は

シトクロムP450(CYP シップ)のことで、これは肝臓に存在し
ます。そしてワルファリンは抗血液凝固薬であり、

薬物代謝酵素シトクロムP450によって代謝されてしまいます。
つまり、フェノバルビタールとワルファリンを併用していると、

ワルファリンの代謝が進行することで、その作用が減弱してい
くことになり、増強は誤りで、答えはXとなります。

薬剤師国家試験 受験対策 教育サイト やくがくま バルビツール酸系催眠薬 フェノバルビタール 長時間型 血中薬物濃度モニタリング TDM 検査 数値 比較

フェノバルビタールの過去問題での出題例はまだ続いてしまい
ます。

これは、かなり要チェックな医薬品ですねw

Sponsored Link






コメントを残す