超短時間型バルビツール酸系催眠薬2つの国試での出題履歴と類題

Pocket


催眠薬(さいみんやく)とは、中枢神経機能を抑制して自然に
眠れるようにするための薬で、一般に睡眠薬と同じ薬剤です。

超短時間型のバルビツール酸系催眠薬としては
チオペンタールとチアミラールの2個を知っておいて下さい。

Sponsored Link



どちらも90~100回(2005~2015年)の本試験で直接は
出題されていません。

 バルビツール酸系催眠薬の出題履歴

薬剤師国家試験の薬理学の分野では、過去90~100回
(11年分)の間にバルビツール酸系催眠薬は以下の
ように出題されています。

 92回(2007年)問124の類題 出題分野: 薬理学 予想正答率: 60%以上

1)

ベンゾジアゼピン系薬とバルビツール酸系薬では、REM睡眠の
抑制作用は後者の方が強い。○かXか?

2)

バルビツール酸系催眠薬はGABAB受容体に結合して、
Clチャネルを開口させる働きをする。○かXか?

3)

短時間型のバルビツール酸系催眠薬であるペントバルビタールは、
長期間使用しても身体的に依存性が無くて安全である。○かXか?

 92回(2007年)問240の類題 出題分野: 実務 予想正答率: 50%以上

その他に、92回の本試験では睡眠薬一般について問240で出題さ
れていて、類題は以下のようになります。

4)

飲酒しながら睡眠薬を飲むと、中枢神経機能を抑制する作用が
強くなるので身体に良くない。なので、併用しないように服薬
指導をした。正しいか誤りか?

薬剤師国家試験 受験対策 教育サイト やくがくま 睡眠薬 飲酒 危険性 ビアガーデン 夏 薬学生 催眠薬

 催眠薬について、国試の出題基準で大切な4つのポイント

厚生労働省によると、薬剤師国家試験の出題基準で、
催眠薬については中枢神経系に作用する薬で、 

  1. 代表的な催眠薬
  2. 薬理作用
  3. 作用機序
  4. 主な副作用

等をチェックしておくべきとされています。ここでは、
簡単に項目だけを整理して説明しておきますので、

今後、皆さんが演習経験を増やしていく中で意識して
下記の項目を、出題される形で身につけていって下さい。

A) 代表的な催眠薬としては、

  • バルビツール酸系催眠薬(5~6種類)
  • ベンゾジアゼピン系催眠薬(5~6種類)
  • その他の催眠薬(ブロモバレリル尿素などの数種類)

などを国試対策では知っておく必要があります。

B) 薬理作用については、鎮静・催眠作用の他に

  • REM睡眠の抑制作用
  • 抗コリン作用
  • 筋弛緩作用
  • 脳代謝量の抑制作用

等を薬物毎に把握しておきましょう。

C) 

作用機序については、国試に出題されるレベルの深さで良い
ので、個々の催眠薬について

どのような仕組みで鎮静・催眠作用が起こるのか?を理解して
おくべきです。

例えば、上記2)のバルビツール酸系催眠薬では、Clチャネルを
開口することで細胞膜の膜電位をマイナス方向に変化させて

過分極を起こし、それによって抑制性シナプスをシナプス後抑制
させて鎮静作用や催眠作用が生じることくらいの内容ですね。

D) 

副作用については、

  • 精神的・身体的に依存性があること
  • 頭痛や、だるさなどの倦怠感を生じること
  • 情緒不安定や神経過敏などの状態になること

等、薬毎に様々な特徴がありますが、上記の作用機序と同様に
国試での出題事例に基づいて必要な知識を覚えておけば良いです。

チオペンタール チアミラール 薬剤師国家試験 受験対策 教育サイト やくがくま 催眠薬 睡眠薬 副作用 相互作用 作用機序 薬理作用 

因みに、チオペンタールとチアミラールについて、出題基準の
項目を補足しておきます。

作用機序は、上記の出題基準C)と下記の解説2)を参照して
下さい。

薬理作用は、作用機序の他に薬効として、チオペンタールには
鎮静作用と催眠作用の他に、

用量に応じて脳代謝量を抑制する働きがあり、脳代謝量の減少
によって脳血流量と頭蓋内圧が低下します。

主な副作用は、循環系に対しては血圧低下や、用量によって
心筋収縮力を抑制する作用があり、

呼吸系に対しては、チオペンタールは呼吸中枢を抑制する作用
があり、呼吸の抑制は15分程度、続きます。

それから、チオペンタールとチアミラールは過去11回分の
本試験で直接は出題されていないので、

厚労省が指定している出題基準に照らして、バルビツール酸系
催眠薬としての特徴をざっと知っておくだけで良いです。

11回分の過去の本試験で出題されていない医薬品については、
今後も出題される可能性が低い訳で、細かい薬理作用や

作用機序、副作用等よりも、バルビツール酸系催眠薬として
の特徴をしっかりと覚えておくべきです。

チオペンタール チアミラール 薬剤師国家試験 受験対策 教育サイト やくがくま バルビツール酸系催眠薬 超短時間型 2個 副作用 作用機序 薬理作用 危険性

 過去問の類題についての正解と解説

1) ○

REM とは Rapid Eye Movement sleep の略で、REM 睡眠とは、
深く睡眠していて、

でも起きている時と脳波が同じ状態になっていて、覚醒時と同じ
ように眼球の動きが速くて、この状態では夢を見ている時が多い

です。レム睡眠は一般に、睡眠中に一定の周期で繰り返し現れ、
逆説睡眠とも言います。

2) X

バルビツール酸系催眠薬はGABA受容体のサブタイプとして
GABAB受容体ではなくて、

GABAA受容体とClチャネルの複合体の
ピクロトキシン(バルビツレート)結合部位に結合して、

GABA神経系の作用が増すことで、又は催眠薬が単独でCl
チャネルを開口させます。で、過分極が起こって中枢抑制作用が
生じます。

3) X

ペントバルビタールは確かに短時間型のバルビツール酸系催眠薬
ですが、身体的に依存性を生じ易く、

現在では麻酔薬や催眠薬として人へ使用される機会は少ないです。
因みに、ペントバルビタールは呼吸を抑制する働きが強く、

麻酔に必要な量と致死量との差が少なく、臨床上での使用は危険
とされている面もあります。

4) ○

これは一般常識的にも分かりますよね。寝酒(ねざけ)という
言葉があるように、

お酒は一般に寝つけない時に眠る為に飲んだりすることもあり
ますが、その時に睡眠薬を一緒に服用したりすると、

場合によってはそのまま目が覚めないとか… 危険な状態になる
ケースもあり得るということですね。

Sponsored Link






コメントを残す